オプション満載のモデルルームに騙されてはいけない

住宅を購入するときは多くの人が事前にモデルルームの見学に行きます。

つまり事前の情報収集としてサンプルを見て品物を確認するためです。

しかしこのモデルルームの下見の際には注意しなければいけないことがたくさんあります。

それは業者側としてはできるだけ商品をよく見せようとするため、オーバーとも言えるほどの様々な豪華で華美な装飾が施こしているからです。

そのようにして住宅広告によくあるような標準仕様に様々なオプションを追加して最高に豪華な造りにしていることが多いのです。

つまり商品のグレードアップを図っているのです。

したがって、一般的な坪単価よりも高くなっており、モデルハウスで見たままの商品が手に入ると思ったら大間違いなのです。

したがって見学者は標準タイプの仕様書などと見比べて、どこが違うのかを良く見極める必要があります。

ではモデルハウスでは一般的にどんな点に注意して見学したらよいのでしょうか。次からはそれについて書いていきます。

モデルハウス見学の際のチェックポイントは

オプション満載のモデルルームに騙されないようにするためには、見学に際して以下の点についてのじゅうぶん確認することが必要になります。

モデルハウスでは目の錯覚を利用したたくさんのカラクリが仕掛けられているので、見た目だけでは実際の生活感を感じにくいです。

そこで、実際の生活感を感じ、実際の家作りの参考にするためにメジャー(スケール)を持っていくと便利です。それで、家具や設備の大きさを計れば具体的なイメージをつかむ事ができます。

それと、多くのモデルハウスでは写真撮影もできますので、可能であればできるだけ写真を撮っておくと後で家に帰ってから何かと参考になります。

【住宅本体についてのチェックポイント】

  1. 部屋の広さ・玄関やリビング、居間などの広さはじゅうぶんかどうかをしっかり見極めてください。
  2. 部屋の配置・実際に住む場面を想定しながらイメージを描いてみましょう。
  3. 収納の量・リビング、居間、キッチン、洗面などの修能力はじゅうぶんかどうかを見極めなければいけません。

【設備とオプションについてのチェックポイント】

  1. キッチンの設備。
  2. トイレやバスルーム。
  3. コンセントの位置と数。
  4. 電話やインターネットの接続口。
  5. 建具。

【敷地についてのチェックポイント】

  1. 所有範囲。
  2. 駐車場。
  3. 庭や庭木。
  4. 共用設備(2世帯住宅などのとき)
  5. 防犯対策。
  6. 耐震性や耐火性。
  7. 騒音対策。
  8. 日当たりと風通し。
  9. 管理面(マンションの場合)

※モデルハウス見学後には、例え気にいったとしても、その場ですぐ契約を結ぶのではなく、家に戻ってもう一度よく検討してみることが必要です。