自分の担当は優秀な営業マンが望ましい。どうやって見つけるの?

住宅の購入は一生のうちもっとも大切で、かつもっとも高価な買物であると言っても過言ではありません。

そんな大切な買物について相談するのが住宅営業マンでなのです。

この営業マンの良し悪しで家作りが成功するかどうかが決まるのですから、優秀でなくて良いわけがありません。

ではどんな営業マンが望ましいのでしょうか。ざーっと思いつくだけでも以下のような人が望ましいです。

では1つずつ具体的にそのポイントについて書いてみましょう。

【ポイント1・ユーザーの言い分をよく理解してくれる】

概して口八丁の人が多いのが営業マンですが、こちらの言い分をじっくり聞いてくれ、誠実でよく理解してくれる人が望ましい相手です。

【ポイント2・企画力が優れている】

ユーザーに不足しているデザインについて、あるいは予算、税金対策など、多岐にわたって提案してくれる営業マンはありがたい。

【ポイント3・経験豊富な人】

過去の失敗例など、引き出しを多く持っているのはやはり経験豊富な人です。

【ポイント5・幅広い人脈を持っておりまとめる力がある】

ジャンルの違ういろいろな専門家を紹介できるような人脈の広い営業マンこそ価値があります。

【ポイント5・スタッフを統率する力】

住宅建築に関わる工事部門、設計担当、インテリア、エクステリア、などのスタッフを統率する力を持っていることも大切です。

【ポイント6・最新の知識を備えている】

刻々と変わる住宅業界ですが、常に最新の事情について敏感であり、また新しい知識を絶えず身につけようと努力している人が望ましい。

【ポイント7・交渉力と説得力】

自分の会社の上司、近隣の人、役所関係の人に対して交渉力や説得力のある人こそ優秀な営業マンです。

【ポイント8・仕事に対する情熱がある】

単に義務としてやっている仕事ではなく、いつも情熱を持って仕事に取り組んでいる営業マンこそ望ましい。

さて、それではみなさんが一番知りたい事だと思う「5秒で営業マンのスキルを見破る方法」をご紹介します。これを読んだあなたはラッキーですよ。

この方法を使えば一瞬で営業マンのスキルを見抜ける

多くの営業マンはトークが上手な人が多いので、少しの時間接しただけではその人の誠実さやスキルを見抜くのは難しいのが現実です。

でも、実は一瞬でその営業マンのスキルを見抜くことができる方法があります。

何も難しい事ではないのですが、その営業マンに「この仕事を始めてから何年くらいですか?今までに何棟くらいの建築を担当しましたか?」と尋ねるのです。

この時の反応を見るだけでスキルは見抜けます。

なぜなら、モデルハウスに来たお客さんにこんな質問をされることは滅多に無いからです。

もし、一瞬でも不振な挙動をすればウソを付いている可能性があります。

経験としては最低でも3年くらいの勤務経験は欲しいところですし、棟数は平均的な数字から行って3年で20棟くらいの建築経験が欲しいところです。

ただ、それ以下でもその営業マンがウソをつかず真面目で誠実な対応をしてくれていれば問題無いこともあるでしょう。