ローコスト住宅は、なぜ安く家が建てられるのか?

「良いものを安い値段で手に入れたい!」これは誰だって考えることで、住宅の購入に際しても多くの人が望むことです。

そうした人々の期待に応えてくれるのが「ローコストハウスメーカー」と呼ばれる住宅会社です。

では、どうしてこうしたローコストメーカーは安く販売する事ができるのでしょうか。

また価格が安いということのほかにもメリットはあるのでしょうか。

さらにメリットに対してデメリットの方はどうなのでしょうか。

ここではそうした点について探ってみることにしましょう。

まず価格が安い理由ですが、一般にローコスト住宅では間取りやデザインが最初から決められており、その中から選択するという場合が多いようです。

デザインや間取りを規格化する事で、家作りをシステム化しコスト削減を実現しています。したがって、その規格にあてはまるような間取りやデザインで満足できる場合はお得です。

また住宅の大きさは一比較的小さくて、形は四角形や長方形のものが多いようです。

したがって狭い土地に家を建てることができ、家を小さくして凹凸を減らしたり、壁を少なくしたりすることによって建築費を抑えているのです。

建築費が安いだけでなく、四角や三角のデザインはモダンな感じがしますから若年層にはなかなか人気があります。

それでは具体的にローコスト住宅メーカーで家を建てる時のメリットとデメリットを見ていきましょう。

価格が安いローコスト住宅だが、デメリットはどうなのか?

価格が安いという点で魅力的なローコスト住宅ですが、次のようなデメリットも考慮に入れておく必要があります。

まず比較的シンプルな造りだけに、それに物足りなさを感じて、用意されたオプションをいろいろ付け加えると結果として価格が高くなってしまうことがあります。

これだと何のためのローコスト住宅かが分からなくなってしまいます。

次に耐久性についてですが、ローコスト住宅は一般の住宅に比べて耐久性が劣る点が指摘されています。

原因はコストを抑えるために品質の良くない素材を使用したり、工場で大量に組立てを行うからと考えられています。

すべてがそうとは言いきれませんが、この点はじゅうぶん考慮にいれておく必要があります。

なぜならローコストが魅力で選んだ住宅なのに、後で改修や補修に多額のお金がかかったのでは何もならないからです。

やはり当然の事ながら、値段が安いのにも高いのにもきちんと理由があるのです。一般的に坪単価が高いと思われがちなハウスメーカーの決算書を見れば分かりますが、建築業界全体の特性でもあるのですが利益率はかなり低いです。

もちろん人件費や広告宣伝費など住宅の原材料費などの原価以外にもコストがかかっているのですが、それにしても坪単価が高いからその分利益になっている訳でなく、よりクオリティのたか材質やデザインになっているのです。

坪単価が安く設定されているものについては、材質・デザインなどのクオリティが少し下がる場合があります。単純に安いから選ぶという事ではなくて、安い理由をきちんと理解して利用すれば、お金をあまりかけずに家を建てられるでしょう。