知っておきたい坪単価の相場とからくり

坪単価は間取りがフリープランであったり、設備仕様の違いによって変わってきますから一概には言えませんが、大体大手ハウスメーカーで70~80万円で、中小メーカーや工務店などでは60万円以下のものもある、と言われています。

でもCMなどではこれを大幅に下回る価格を見ることがありますが、その多くの場合は戸建の建売住宅であったり、注文建築であったとしても1戸限りであることがほとんどです。

一般的に注文住宅の場合は戸建の分譲住宅より高くなるのが普通です。

また坪単価はあくまで目安であって、絶対的なものでない、ということも頭にいれておく必要があります。

なお「住宅産業新聞」のデータによりますと2012年中間期における大手ハウスメーカー8社の坪単価平均は77万円にも達しています。

8社のうちもっとも高いのは三井ハウスの85.万円、もっとも安いのがミサワホームの68.99万円となっています。

なお各社の坪単価に差があるのは手がける住宅の規模の違いやオプションの質や量にも原因があります。

大手ハウスメーカー8社の坪単価

住宅産業新聞による2012年中期の大手ハウスメーカー8社の坪単価は次のようになっています。

三井ホーム
85.98万円
へーベルハウス
82.43万円
住友林業
81.94万円
セキスイハイム
76.79万円
ダイワハウス
74.53万円
パナホーム
70.30万円
ミサワホーム
69.99万円
8社平均
77.45万円

【坪単価に差が出る理由】

坪単価はハウスメーカーの違いや工法によって大きく変わってきますが、価格差のもっとも大きな理由は使用される建材の違いにあるのではないでしょうか。

それは建材の種類がピンからキリまで実に多様であるからです。

つまり値段が高いものから安いものまで多種多様なのです。

例えば漆喰一つとってみても、3度塗りぐらいしたものと、混ぜ物として合成接着剤が入っているようなものでは価格に天と地ぐらいの開きがあります。

また、一般的にRC造(鉄筋コンクリート造)の場合、木造住宅よりも20万円くらい坪単価が高くなります。

このようにどのような建材が使用されるかによって坪単価は大きく変わってくるのです。

ここでご紹介したのはあくまで平均の相場であり、全ての人にあてはまる訳ではありません。もっと安く抑える事も可能ですので、あくまで参考にという事でお願いします。