積水化学工業(積水ハイム)の基本的な情報

セキスイハイムは、積水化学工業株式会社の住宅部門のブランド名で展開しているハウスメーカーです。

セキスイハイムの最大の特徴は、工場で鉄骨ラーメン構造のボックスユニットを製造してそれを建築現場に運び込んで組み立てる工法を採用していることです。

多くの建築部材を徹底的に管理された工場で組み立てるため、高い品質の住宅を短期間で建築することに成功しています。

鉄骨ラーメン構造は部材の各接合個所を剛接合したもので、頑丈にできているため耐震性が高いです。

「ラーメン」という言葉はドイツ語の「Rahmen」に由来しています。

英語では「Rigid Frame」(リジッド・フレーム)と呼ばれており、リジッドは「堅い」とか「厳格な」という意味があり、フレームは「骨組み」の意味があります。つまり各接合部が強固に堅く固定された骨組みになっている構造です。

セキスイハイムは「セキスイツーユーホーム」のブランド名で木造のツーバイフォー(2x4)やツーバイシックス(2x6)の住宅も販売していますが、こちらも耐震性能が高くなっています。

阪神淡路大震災、新潟県中越地震、東日本大震災、熊本地震などの大災害でも鉄骨・木造ともに一棟も全壊・半壊の被害が発生していないため、高い耐震性能が証明されています。

ユニット工法のデメリットとしては、工場で製作したユニットを現場で組み立てる時に天候による影響を受けやすいことです。

雨の日に下手に組み上げてしまうと断熱材や内装の仕上げに悪影響が出るので、現場監督の天候に対する対応が住宅の品質に大きく影響します。

ただ、これは逆に考えると現場でしっかり雨対策ができれば

以前はユニット工法で建てた家は箱型のプレハブのようなイメージがありましたが、今では様々なデザインの住宅が建てられておりそのようなイメージはありません。

比較対象になるハウスメーカーとしては、同じ鉄骨ラーメン構造のユニット工法を採用しているトヨタホームや鉄骨造のヘーベルハウスになるでしょう。

どちらも似ている部分が多いので、最終的には価格が決め手となる場合が多いようです。

セキスイハイムの坪単価は65万円から80万円くらいになっています。

ヘーベルハウスの平均坪単価は70万円から85万円くらいなので、ヘーベルハウスに比べるとユニット工法を採用していることもあって割安になっています。

積水化学工業(セキスイハイム)の住宅商品一覧

積水化学工業(セキスイハイム)は、鉄骨ラーメンユニット工法を主力としていますが、ツーバイフォー(2x4)やツーバイシックス(2x6)の木造住宅も販売しています。

また、積雪地向けの商品、平屋住宅、二世帯住宅の商品もあり幅広くそろえています。

Alm(アルム)

大容量ソーラー発電住宅

木質系

積雪地(北海道)向け

その他

積水化学工業(セキスイハイム)の口コミや評判

みなさんから頂いた口コミや評判です。参考にしていただければ幸いです。

また、なんでも結構でございますので何か情報をお持ちの方がいらっしゃれば是非とも情報提供のご協力よろしくお願い致します。

ペンネーム

例)住宅太郎、house tarou (※必須項目)

Email(任意)

例)tarou@housemaker.com(※任意項目)

コメント

(※必須項目)

セキュリティ認証

認証画像

スパム投稿防止のため、上の画像の数字を入力して下さい。 (※必須項目)

送信