積水ハウス

積水ハウスは日本国内での戸建の注文住宅の販売数がNo.1の大手ハウスメーカー(住宅メーカー)です。

売上高も2017年1月期の決算において2兆円を突破しました。売上高で見ると3兆円以上の売上のある大和ハウスに次いで2位の規模になっています。

国内にはたくさんのハウスマーカーがありますが、大和ハウスと積水ハウスの2社が他の住宅メーカーを引き離しており、断トツのシェアを持っています。

家をハウスメーカーで建てることを検討している人であれば、積水ハウスは必ず候補に上がると言ってもいいような存在です。

年間の販売戸数は約2万戸を超えています。この数は戸建住宅全体の約5%くらいのシェアです。

戸建住宅は、全国にあるたくさんの工務店がシェアを奪い合っていますので、ハウスメーカーでトップの積水ハウスでもこの程度の割合に収まってます。

平均販売価格は約3030万円で、平均坪単価が約70万円となっています。価格帯としては坪単価50万円台から80万円台まで幅広く揃っています。

積水ハウスは鉄骨構法と木造構法の両方を扱っているため、どちらの構法を採用するかで坪単価が変わりますので注意が必要です。

木造住宅の商品であるシャーウッドの販売数は鉄骨に比べて半分以下の数字なので、現場の工事担当者の経験が少なく鉄骨に比べて対応レベルが低いという評価があるため注意が必要です。

比較されるハウスメーカーとしては、鉄骨だとヘーベルハウスです。お互いにライバル意識を持って優位性をアピールしています。

木造のシャーウッドは高断熱・高気密をウリにしていますので、三井ホームや住友林業が比較対象になるでしょう。

ただ先ほども書いたように、木造住宅は鉄骨に比べて販売戸数が大幅に少ないため様々な点で少しレベルが低くなる懸念があります。

積水ハウスを選ぶのであれば鉄骨にし、木造にするのであれば別の木造を強みにしているハウスメーカーを選ぶのが無難かもしれません。

最後に注意点です。

積水ハウスは戸建住宅の販売数が国内1位のハウスメーカーですので、現場監督である工事担当者が同時にたくさんの現場を任されています

たくさんの家の建築の監督を同時に任されていることになりますので、悪く言えば、1つずつの現場の管理・監督が甘くなりやすいです。

ちなみに、積水ハウスで契約したとしても、実際に工事をするのは子会社の積和不動産という会社です。

積水ハウスの商品一覧

積水ハウスは木造構法のシャーウッドが有名ですが、鉄骨構法も採用しています。

積水ハウスは戸建の住宅だけでなく分譲マンションや賃貸住宅も展開しています。

主な商品ラインナップは以下のようになっています。

1,2階建て鉄骨工法

木造工法(シャーウッド)

3,4階建て住宅

ゼロエネルギー住宅

分譲マンション

賃貸住宅

積水ハウスの看板商品となっている木造戸建のシャーウッドは省エネ性能と耐久性の高さで定評があります。

特殊な繊維セメント板を外壁に使ったり、高断熱の床材を使うなど、断熱効果が高い住宅になっているため電気代を大幅に削減することができます。

積水ハウスの口コミや評判

みなさんから頂いた口コミや評判です。参考にしていただければ幸いです。

また、なんでも結構でございますので何か情報をお持ちの方がいらっしゃれば是非とも情報提供のご協力よろしくお願い致します。

ペンネーム

例)住宅太郎、house tarou (※必須項目)

Email(任意)

例)tarou@housemaker.com(※任意項目)

コメント

(※必須項目)

セキュリティ認証

認証画像

スパム投稿防止のため、上の画像の数字を入力して下さい。 (※必須項目)

送信