住友不動産の基本的な情報

住友不動産は、住友グループの中で中核的な存在の大手総合不動産デベロッパーです。

住友直系企業グループ(白水会)の中で旧・住友本社を継承しているという点で、たくさんある住友グループ系の企業の中でも特別な存在意義を持っていると言われています。

大規模な不動産の再開発事業やタワーマンションなどの分譲・賃貸に強みがある企業なのですが、注文住宅の受注も行っておりハウスメーカーの1つ言う事ができます。

同じ住友グループのハウスメーカーとして住友林業があるのですが、特徴が大きく異なるので注意が必要です。

住友林業は「木」にこだわり抜いている家で林業による木の生産から木を使った家作りまで川上から川下まで一貫して取り扱っています。

一方住友不動産は先進的なデザインを取り入れた大規模タワーマンションの建築などで培ったデザインや技術力が注文住宅にも反映されており、先進的、都会的、モダンなデザインになっています。

また工法も異なっており、住友林業は木造軸組構法(在来工法)を採用していますが、住友林業はツーバイフォー工法を採用しています。

「木」にこだわった家を作りたいなら住友林業、モダンで都会的なデザインの家を作りたいなら住友不動産となるでしょう。

特にJ-URBAN(ジェイ・アーバン)は、2003-2004年のグッドデザイン賞を受賞するなど斬新なデザインで若い世代から人気を得ています。

都市の限られた敷地を有効に活用しながら、中庭のある都市型住宅(家の中央にプライベートパティオを設置)を実現しています。

またツーバイシックス(2x6)を選択する事もでき、より高い断熱性・気密性の家を建てる事もできます。

平均坪単価は40万円〜60万円くらいです。

同じツーバイフォーの三井ホーム、ツーバイシックスの一条工務店と比べると坪単価が安ため低予算で家を建てたい人には選択肢の1つとなるでしょう。

坪単価が安い理由は構造用合板にMDF(medium density fiberboard)を採用している事が大きな要因でしょう。

MDFは日本語では中密度繊維板(ちゅうみつどせんいばん)と呼び、簡単に言うと細かく粉砕した木材を接着剤で固めたリサイクル素材です。

MDFを使うことのメリットは圧倒的にコストを抑えられることです。

その反面デメリットとして、防水性や防蟻性(ぼうぎせい)が低いとの指摘があります。

ただ、MDFにも様々なものがあり、防水性能を高めたものもあるので、一概に悪いとは言えません。

↓↓【無料】こちらから複数のハウスメーカーに一括資料請求できます↓↓

住友不動産に興味がある人はこの無料一括資料請求サービスなどを使って、三井ホーム、一条工務店など比較対象になりそうなハウスメーカーの資料を取り寄せてみましょう。

住友不動産の住宅商品一覧

住友不動産は都市型のモダンデザインの住宅をウリにしており、他のハウスメーカーのようにフルラインナップの商品展開はしていません。

都市型モダンデザイン住宅

邸宅型住宅シリーズ(Foreign スタイル)

邸宅型住宅シリーズ(Japanese スタイル)

↓↓【無料】気になる複数のハウスメーカーに一括資料請求できます↓↓

住友不動産に興味がある人はこの無料一括資料請求サービスを使って、住宅商品の詳しい資料を取り寄せて、じっくり検討しましょう。

住友不動産の口コミや評判

みなさんから頂いた口コミや評判です。参考にしていただければ幸いです。

また、なんでも結構でございますので何か情報をお持ちの方がいらっしゃれば是非とも情報提供のご協力よろしくお願い致します。

ペンネーム

例)住宅太郎、house tarou (※必須項目)

Email(任意)

例)tarou@housemaker.com(※任意項目)

コメント

(※必須項目)

セキュリティ認証

認証画像

スパム投稿防止のため、上の画像の数字を入力して下さい。 (※必須項目)

送信