スウェーデンハウスの基本的な情報

スウェーデンハウスは名前の通り、北欧のスウェーデンの住宅技術やデザインを輸入して北欧テイストの住宅を建てているハウスメーカーです。

寒冷地であるスウェーデンの真冬でも暖かい室内を実現している三重ガラスや木製のサッシなどで高断熱、高気密をウリにしています。

スウェーデンハウスの3層ガラスと木の枠のイメージ図

北欧のデザインやテイストが好きな人たちからは高い評価を得ている住宅メーカーです。

同じ北欧の輸入住宅メーカーとしてはロイヤルフォートスウェーデン(ROYAL FORT SWEDEN)がありますが、知名度・実績ともに大きく差をつけています。

したがって、他社とあまり比較検討せずに契約をしたという人も多いでしょう。

建築工法は耐震性が高いモノボックス構造というのを採用しているのですが、基本的な技術は要するにツーバイフォーです。

スェーデンハウスのモノボックス工法(ツーバイフォー工法)のイメージ図

ツーバイフォーで使われるの木材の1.6倍大きな断面積を持つ木材を使用しています。

スウェーデンは福祉の先進国でもあるためバリアフリーにも配慮がなされているのも特徴です。

スウェーデンハウスで一点だけ気になるのは耐震性です。

スウェーデンは地震の少ない国であるのに対して日本は非常に地震の多い地震大国です。

それに対応するために頑丈な接合金物を利用することで耐震性を高めていますが、同じツーバイフォー工法を採用している三井ホームがHP上で耐震等級3を記載しているのに対してスウェーデンハウスは記載がありません。

ということはおそらく標準では耐震等級2なのだと思われます。

耐震等級だけで耐震性の全てが表されるわけではないですし、耐震の実験などでも良い結果が出ているようなので実際にはそれほど気にするほどの差はないのかもしれません。

高断熱・高気密という点では一条工務店が比較対象になるでしょうし、ツーバイフォー工法という点では三井ホームも比較対象になるかもしれません。

ただ北欧の住宅ということにこだわるのであれば他にほとんど比較対象となるハウスメーカーが無いのが現実です。

スウェーデンハウスの住宅商品一覧

スウェーデンハウスは全ての住宅に高性能・高品質が高い水準で備わっていなければならないという理念に基づいて、全ての商品が同じグレードである「ワングレード」システムを採用しています。

したがって、スウェーデンハウスの住宅はグレードや価格によって性能・品質の差はありません。

Alm(アルム)

Gran Lind(グラン・リンド)

Bjork(ビヨルク)

コンセプト商品

スウェーデンハウスの口コミや評判

みなさんから頂いた口コミや評判です。参考にしていただければ幸いです。

また、なんでも結構でございますので何か情報をお持ちの方がいらっしゃれば是非とも情報提供のご協力よろしくお願い致します。

ペンネーム

例)住宅太郎、house tarou (※必須項目)

Email(任意)

例)tarou@housemaker.com(※任意項目)

コメント

(※必須項目)

セキュリティ認証

認証画像

スパム投稿防止のため、上の画像の数字を入力して下さい。 (※必須項目)

送信