大成建設ハウジングの基本的な情報

大成建設ハウジングは大手ゼネコンの1社である大成建設の住宅部門としてスタートしたハウスメーカーで、現在はその事業を引き継いで東京都新宿区西新宿に本社を構えて独立した会社として運営されています。

鉄筋コンクリートのパルコン(Palcon)を主力商品としており、地震、家事、風雨、雪害などの災害に強い住宅を作っています。

阪神大震災で窓が1枚も割れなかった事例や東日本大震災で津波にも耐え抜いた事例があり、大きな災害にも強い住宅であることが分かります。

また、パルコンの家の後ろにあった木造住宅も津波に流されなかったものがあり、減災効果があることも注目されています。

この鉄筋コンクリートを使った丈夫な家を建てるという点に関してはゼネコンの強みが発揮されていると思います。

ただ、阪神大震災や東日本大震災は想定を超える大きな災害であるため、一般的な戸建て住宅にそこまで防災性能は求められないため、全ての人にパルコンのような鉄筋コンクリート造の住宅が必要かと言われれば必ずしもそうではないでしょう。

地震などの災害に強いということを重視しているユーザーからは高い評価を得ている住宅メーカーです。

大成建設ハウジングは、鉄筋コンクリートの中でもプレキャストコンクリート工法を採用しています。

一般的にはコンクリートの建築物を造る際には、現場で型枠を作ってそこにコンクリートを流し込んで固めて作ります。

それに対してプレキャストコンクリート工法では、事前に工場でコンクリート部材(プレキャストコンクリート)を作っておき、それを現場に運び込んでつなぎ合わせます。

プレキャスト工法にはたくさんのメリットがありますが、一番大きなものは高品質・高強度のコンクリート部材を安定して造ることができることです。

プレキャスト工法を採用していることも地震などの災害に強い家作りに役立っています。

パルコンシリーズは鉄筋コンクリート造(RC造)なので防火地域に建築できるのもメリットです。

デメリットとしては、鉄筋コンクリートの家は木質の住宅より重量が重くなるため、強固な地盤が必要となることです。

地盤調査をして重量に耐えられる強度が無い場合には、地盤改良が必要となり、その分建築費用が高くなります。

大成建設ハウジングでの建築を考えている場合には、比較対象となるハウスメーカーの2〜3社から資料を取り寄せてじっくり検討してみましょう。

↓↓【無料】こちらから複数のハウスメーカーに一括資料請求できます↓↓

ちなみに同じプレキャスト工法を採用しているハウスメーカーとしてはレスコハウスがあります。

また、大和ハウスヘーベルハウス積水ハウス、パナホーム、トヨタホームなどの鉄骨系ハウスメーカーも比較対象となるでしょう。

大成建設ハウジングの住宅商品一覧

大成建設ハウジングは、以前は木造住宅も販売していましたが、現在は鉄筋コンクリートのパルコンシリーズのみの販売となります。

外観デザイン

邸宅シリーズ

ユーロシリーズ

規格型住宅