申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

リフォームは現状回復するだけ。リノベーションは?

リノベーションとリフォームの違いのイメージ図

最近、リノベーションという言葉を耳にする機会が増えていると思います。

中古のマンションや戸建を買って、自分のライフスタイルに合わせた間取りやデザインにリノベーションして住むと新築を買うよりも安く住宅を手に入れることができるというものです。

リノベーションと似ている言葉にリフォームという言葉もあります。リフォームという言葉は以前からあるので、多くの人は意味がわかると思いますが、リノベーションというのは最近使われ始めた言葉なので、いまいち意味がわからないという人も多いと思います。

そこで、ここではリノベーションとリフォームの違いについて分かりやすく説明します。

できるだけ安く住む家を手に入れたいという人にとっては、大事な知識なので、最後まで読んで頭の片隅にでも入れておいて下さいね。

↓↓中古物件とリノベーションをトータルでプランニングできるパナソニックのリアリエ↓↓

まず、リフォームというのは、時間が経過することで汚れたりした内装を元々の新築の状態に戻すための改修工事です。

古くなったり、剥がれてしまった壁紙を張り替えたり、古くなったキッチンや風呂などを新しいものに取り替えるなど、家の中の部分的な工事で済む場合が多いです。

他方で、リノベーションというのは、家全体をゼロから作り直す全体的な改修工事のことです。

多くの場合、既存の内装などを全て取り払って、自分のライフスタイルに合わせた間取りなどに作り変える事で、中古の住宅に新しい価値を付け加えるものです。

元々の間取りやデザインに関係なく、自由に自分の理想の家を作り上げることができるので、人によっては新築で買うよりも高い価値を作り出せる場合もあります。

また、リノベーションにはそれだけではない、たくさんのメリットがあります。

リノベーションは古い家を新築のように蘇らせる

リフォームをしたことがある人たちの中でよくあるのが、古くなった部分をその都度リフォームしてきたために、全体としてちぐはぐな家になってしまったということです。

リフォームは、古くなった部分や壊れた部分を部分的に改修する工事なので、どうしても築年数が古くなってくると、リフォームした部分が増えてきて、全体のバランスが悪くなってしまいます。

リフォームをすればするほど、ちぐはぐな家になってきて、不満が増えてきて居心地の悪い家になっていくという悪循環になってしまいます。

数回のリフォームの工事費用を足すと、家全体をリノベーションするよりも高くなったという人もたくさんいます。

なので、築年数の古い中古物件の場合は、特に部分的なリフォームを重ねていくよりも、最初に思い切って全体的なリノベーション工事をしてしまった方が費用も安くなるし、何より、自分の理想の間取りやデザインにできるので、満足度が高いのです。

リフォームとリノベーションは言葉も概念も似ていますが、実はたくさんの異なる点がありますので、注意が必要です。

最近では、リノベーションをすることを前提にした中古物件を安く販売しているサービスも増えてきています。

例えば、パナソニックの運営しているリアリエというサービスでは、中古物件とリノベーションをセットにしてトータルで考えて自分の理想の家を探すことができます。

↓↓中古物件とリノベーションをトータルでプランニングできるパナソニックのリアリエ↓↓

たくさんの低予算の中古物件が掲載されているし、それをリフォームやリノベーションすることで、どのような家になるのかという参考プランも掲載されているので、これから安く家を手に入れたいと考えている人にとっては非常に参考になるサービスです。

ハウスメーカーのパナソニックホームズ(旧称パナホーム)をグループ会社に持つパナホームのサービスですので安心感もあります。