申し訳ございませんが、このページはJavaScriptを有効にしてご利用下さい。

請負型リノベーションは立地の自由度が高い

請負型リノベーションのメリットの1つとして挙げられるのが立地の自由度の高さです。

請負型リノベーションは、中古の物件を買って、自分でゼロから作り直す(フルリノベーション)していくことになるので、今、内装がどのような状態になっているかはほとんど関係ありません

つまり、市場に出回っている全ての中古物件を対象とすることができるために、自分の気にいる物件に出会える可能性が極めて高いのです。

買取再販方式の場合は、市場に出回っている中古物件の中で、リノベーション(リフォーム)されている物件という数少ないものの中から選ばなければならないために、自分の好みの物件に出会える確率が低いのです。

しかも、既にリノベーション済みであるため、その内装が気にいるかどうかという問題もあります。

自分の好みにぴったりの内装や間取りになっていればいいのですが、なかなか自分好みの内装や間取りにぴったり合った物件というのは見つからないものです。

また、バブル時代に始まった住宅やマンションの建設ラッシュによって、今では、利便性の良い場所にはほとんど建物が建っており、これから新たに建てられる場所というのは限られているので、新築物件と比べても圧倒的に購入できる物件数が多いのです。

新築物件にこだわっている人の悩みの多くは、住みたい街が決まっているのに、そこに新築物件が建たないので、いつまでたってもマンションを購入できなかったり、自分の欲しい土地が売りに出ないために、いつまでたってもマイホームを建てられないということです。

請負型リノベーションは、自分の住みたい街の住みたい場所に早く物件を見つけられるというメリットがあります。

次に、請負型リノベーションの最大のメリットをご紹介します。

快適に住むことができ、永く愛せる家が作れる

次に、請負型リノベーションの場合は、内装や間取りを自分の好みに合わせて自由にゼロから作り上げることができます。

これが請負型リノベーションの醍醐味であり最大のメリットだと思います。

最近、都心を中心に流行っている大規模な高級タワーマンションは、立地の悪さをカバーするために共用部に、ジムやプールなどの豪華な施設を作ったり、ホテルライクな内廊下の設計にするなどしています。

ところが、部屋のドアを開けて一歩自分の部屋に入れば、普通のマンションと大して変わらない内装になっているというのが多いです。

典型的なのが、壁にはビニールクロスが貼ってあり、床は木目調のフローリング。

これらは、多くのマンションで共通して使われているものなので、コストカットしやすいという売り手側の事情があるのです。

残念ながら、そこに住む人の事情というのは、後回しにされているのが現実です。

請負型のリノベーションの場合は、自分で自分の家を作り上げていくので、自分の大切な想いを全て反映させた家を作ることができます。

これが結局は、自分が長く大切に愛することができる家になるための秘訣なのです。

人間というのは、人それぞれに性格が異なっているし、ライフスタイルも異なっています。

それらに合わせた最適で快適な家を自分で創り上げていけるというのが、請負型リノベーションの最大のメリットです。

パナソニックのリアリエは、中古物件を探しながら、リノベーションやリフォームをした後の出来上がりイメージを3Dで見ながら作り上げていくことができ、買取再販方式と請負方式の両方のメリットを取り入れた素晴らしいサービスになっています。

↓↓中古物件とリノベーションをトータルでプランニングできるパナソニックのリアリエ↓↓

建築の専門家ではないので、自分で全てを設計することはできないけど、ゼロから自分好みの家を専門家に相談しながら作り上げていきたいという人にはおすすめです。

新築物件も綺麗な気持ちよさや心地よさなど、たくさんメリットがありますが、中古物件+リノベーションで、自分の想いが全て詰まった、快適で永く愛せる素敵な家を創り上げるのも本当に素敵なカタチだと思います。

ぜひ、パナソニックのリアリエでお宝物件を探して見てください。